数回、おそらく百回には遠く及ばない書き込みをしただけで
USBメモリがお亡くなりになっていた。

こんなに簡単にお亡くなりになるんじゃ、使い物にならないじゃないかヽ(`Д´)ノプンプン

まー、LAN接続ができてしまえば用無しなんだけどね。

NICのドライバーのインストールが完了しないうちは、
LAN経由でドライバーソフトをターゲットPCに移すこともできないので、
簡単に抜き差しできるUSBメモリが一番便利なんだけど、
いざ使おうとしたらお亡くなりになっていたという次第なんです。

しょうがないので、
外付けハードディスクで
他PCから目的のPCにNICドライバーを書き込みました。

USBメモリには大事なデータを書き込んでいなかったのが幸いでしたが、
こんなに寿命が短いんじゃ、今後の利用を考えざるをえません。

同じような半導体メモリのSSDの寿命は、どんなものなのでしょうか?
ハードディスクのようにお亡くなりになる時、
その兆候をみせてくれれば良いのですが、
USBメモリのように
ある日突然に死んでしまっていることなんていうことが
ありそうです。