Gmailのメールアドレスを変更したい。 変更するにあたって、旧メールアドレス宛の受信メールも新アドレスに移行したい。 そんな方法ってあるのでしょうか?

ドメイン取得を考えているのですが、 どのようなドメインを取得すれば後々イイのでしょう?

ドメインを取得する際の注意点を下にまとめました。
ご参考にしていただければと思います。
■ 費用とドメイン取得業者
ドメイン取得業者と、ドメイン登録料の目安は、
次のサイト↓をご覧ください。
⇒ 独自ドメイン 料金比較 取得
不定期にキャンペーンをやっています。
その時期にドメイン登録をすれば、
もっと安くすむことがあります。
下に示す無料レポートに、
ドメイン取得の概要を示してありますので
よければこちらも参考にしてください。
ダウンロードしなくとも、
示してあるURLで全ページお読みいただけます。
  ***********************************************************
  【アフィリエイターのためのWordPress入門】インストール編
    2 レンタルサーバーとドメイン取得
  ⇒ 【アフィリエイターのためのWordPress入門】インストール編
  ***********************************************************
■ トップレベル・ドメイン
下に示すような
トップレベルドメインのドメインは安いのですが、
個人的にはおススメできません。
下に示すトップレベルドメインのものは、
登録料が安いため、
迷惑メール業者に使われている場合が多いからです。
 ・ “.xyz”
 ・ “.asia”
 ・ “.info”
迷惑メールのフィルタリングで、
ドメイン拒否で設定されてしまったら
あなたのメールは受信を拒否されてしまいます。
他にも、
登録料が安いトップレベルドメインは
迷惑メールなどの悪徳業者に利用されやすいのです。
できれば、
避けた方が良いと思います。
■ 日本語ドメイン
「日本.jp」のように日本語表記のドメインです。
一時期SEOにいいドメインとしてよく取得されましたが、
運営上でデメリットも多く
メインサイトで使うのは避けたほうが無難です。
アルファベット(ラテン語)を
ピュニコード(Punycode)で日本語に変換表示しているので、
例えば「日本.jp」は「xn--wgv71a.jp」というドメイン変換をします。
メールのドメインには日本語表記は使えませんから、
「example@xn--wgv71a.jp」のような
わけのわからないメールアドレスになってしまいます。
利用する媒体によっては
ピュニコードドメインで伝えざるを得ないことがあります。
わけのわからない文字列のドメイン名ですから
迷惑メールと間違われることもあるでしょう。
運用が面倒ですから、
はじめてドメインを取得する場合は避けた方が
よいでしょう。
■ レンタルサーバー
ドメイン名を取得しただけで、
全世界からあなたのドメインにアクセスされる
わけではありません。
DNSサーバーに取得したドメイン名を登録してはじめて
全世界からのアクセスが可能になるのです。
ドメイン取得と同時にレンタルサーバーを借りる場合、
レンタルサーバー会社がドメイン取得サービスも
やっているなら、
レンタルサーバ会社からドメインを取得するのが
次の面で断然有利です。
 ・ 単独で取得する場合より、費用が安くなることが多い
 ・ DNS設定をレンタルサーバー会社にやってもらえる
■ 中古ドメイン
通常ドメインは、取得したあとに毎年など決まった期間で
料金を支払って維持します。
契約期間の終わりの更新料を支払わなければ、
そのドメイン使用の権利は失効してしまいます。
失効しても、
そのドメイン名自体はそのまま存在し続けています
(失効しているのでアクセスはできません)。
そこで、その失効したドメインを
別の人が代わりに使うことができます。
新規で取得するドメインではないため、
中古ドメインと呼ばれます。
中古ドメインの前の所有者が保持していた評価や被リンクを
そのまま受け継ぐことができます。
良質な中古ドメインは、ページランクの高いサイトからの
被リンクを多く持っています。
それ故、良質な中古ドメインほど価格は高額になります。
■ ドメイン名
いざかっこいい&かわいらしいドメイン名を
決めようと思って、ひねりに捻って考えたドメイン名。
ドメイン名検索で検索してみたら・・・登録済みだった
なんてこと良くあります。
自分が取得しようと思ったドメイン名が
既に使われていたときにどうすればいいでしょうか?
次のことを試してみてください。
 1) トップレベルドメインを変えてみる
 2)「-」をつけてみる。
 3) キーワードを増やしてみる
 4) 数字をつけてみる
 5) 日本語ドメインも考えてみる
1) トップレベルドメインを変えてみる
「.com」や「.jp」では取得できないのであれば
「.tokyo」や「.company」など
トップレベルドメインを変えて取得する方法もあります。
ここ数年でトップレベルドメインの数は大きく増えています。
「.tokyo」や「.yokohama」のように地域ドメインも登場しています。
このようにトップレベルドメインの数は多いため、
例え人気の単一キーワードであっても
取得できる可能性が出てきます。
2) 「-」をつけてみる
キーワードの間に「-」を入れてみる方法です。
例えば「youtube.com」だったら
「you-tube.com」にしてみる感じです。
3) キーワードを増やしてみる
関連したキーワードを追加する方法です。
  「domainじゃ無理だ・・・じゃあ他にキーワードを探してみよう・・・」
  「ドメインを勉強してもらうサイトだから「study」とかどうだろう?」
  「さらにカンタンなイメージをつけたいから「easy」もつけてみよう」
こんな感じでキーワードを増やして
2つを「-」で結べば、
たくさんのドメイン候補が作れます。
4) 数字をつけてみる
キーワードを増やしたくない場合などは
末尾に「1」とかつけて見たりします。
5) 日本語ドメインも検討してみる
日本語ドメインも登場から5年以上がたち、
前よりも利用してるホームページが増えた印象があります。
以前は、日本語ドメインに対応していないため
ピュニコード表記になってしまう
サービスも多かったのですが、
年々、日本語ドメインへの対応は進んでいると思います。
ローマ字でのドメイン取得をあきらめ、
日本語ドメインで検討してみるのもありかもしれません。
ただし、メールアドレスのドメイン名だけは
ピュニコード表記になってしまいます。
アフィリエイトに
ドメインのメールアドレスを使うことを考えると
良い選択とは思えません。

Back To Top





Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 2)