Windows10でVMwareゲストOSが自動起動しないが?

本記事は、

Windows10 が再起動した場合、

VMware ゲストOS を自動的に起動する方法を記したものです。

 

本記事以外にも、同様のものがWeb上に存在しています。

 

BATファイルにVMwareコマンドを記述するものですが、
VM
のフォルダ名やVM自体に半角文字を使用してしまった場合

そのままではうまく自動起動することはできません。

 

本記事は、この問題に対処する方法を示したものです。

 

 

HTMLのままだと、

意図した形式で表示されませんので、

Wordで作成したPDFを貼り付けておきます。

 

 

 

 

 

 

 

1
Windowスタートアップ

2項で示す問題は、
VM
のフォルダ・パスやVM名に半角カナ文字を使用していることが原因のようでした。

 

解決するには、次のいずれかを行わないといけません。

 

① BATファイル中に使用されているSHIFT
JIS
の文字コードを調べ、
適宜エスケープコードの“\”を埋め込む。

 


半角のカナ文字を使用しない名前で、VMを作成し直さなければなりません。

 


VM
フォルダ・パスや、半角カナを使用しないVMファイル名に変更する
VMファイルは、多数あります)。

 

 

VMの再作成となると、
Web
サーバーだけでなく、メールサーバーやSAMBAの再設定、
そしてなによりWeb記事の事前バックアップと復元など、多数の手間がかかります。

エスケープコードの埋め込みについても、
UNICODE
が主流の環境においては、
SHIFT JIS
時代と比べてそれほど簡単なことではありません。

VMファイル名変更に関しては、
ファイルが多数ありますので、
VMware
によってどのように管理しているのか知らずに行うと動作しなくなる可能性大です。

もー、やってられません!

 

 

 

 

1.1
ショートカット

はたと気づきました。

スタートアップに登録するショートカットには、
何もVMwareのコマンド・パスを記入するだけではなく、
コマンド・オプンションも記入できることを!!

ショートカット・リンク先の内容を、下に示すようにすれば良いのです。

 

 

 

 

<VMwareコマンド・パス>   <VMパス></p>
<p>※ VMのファイル拡張子は、"vmx"です。</p>
<p>【記入例】<br />
"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Player\vmplayer.exe" "E:\Virtual Machines\CentOS 8.1 (64 ビット)\CentOS 8.1 (64 ビット).vmx"<br />
“></td>
</tr>
</tbody>
</table>
<p class= 

 

スタートアップのフォルダ・パスは、以下に示す通りです。

 

 

 

 

1.2    VMwareコマンドラインのパラメータ

ショートカットに記入できるVMwareのコマンドの構文を下に示します。

 



 

上に示す構文はVMware Workstation Proのもので、全てが使用できるかどうか不明ですが、
少なくともpath_to_vm.vmxのオプションが
VMware Player有効であることは確認済みです。

 

 

VMwareのコマンドラインの詳しいことについては、下に示すページをご覧ください。

 

vmware
コマンドについて

 

 

また、参考として、
VMware
コマンド以外にも、VMware VIX
仮想マシンをコマンドプロンプトから
起動したり終了したりコマンドを投入できるようになることを追記しておきます。

 

vmrun
コマンドを使用した仮想マシンの制御

 

 

 

 

 

2
Windows10VMware ゲストOSが自動起動しない

わたしは、Windows 10において、
VMware Workstaion Player
(以降、単にVMware Playerと記す)に
CentOS 8.1
をインストール、
このCentOSWebサーバーをたてて運用しています。

 

このVMware Playerは、
長期間起動中であることを監視していないと、
知らない間にWindows Updateにより停止されていることがしばしばあります。

伴って、Webサーバーも停止されてしまっています。

もう、停止しまっていてはサーバーなんかではありません。

まあー、
Windows Workstation
にサーバーをたてるのは間違っていることなのかもしれませんが、
業務用ではなく、
あくまでも個人の趣味で運用しているものなので、これはこれで有りだと思います。

 

それで、
知らない間にWindows UpdatePCが再起動された場合、
VMware Player
とゲストOSであるCentOS
なんとか自動で再起動する方法がないかを調べてみました。


下に示すページに方法が見つかりました。

 


Windows10を起動したときにVMwarePlayer上の仮想OSを自動起動させる

 


Windows起動時にVMware
Workstation Player上の仮想マシンを自動起動する


上のページに示された方法は、

 


netplwiz」コマンドにより、Windows起動後に自動でサインインする。

スタートアップ登録BATファイルよって、VMwareゲストOSを自動起動する。

 

 

実際に試してみました。

でも、
わたしが作成していたVMのフォルダ名やVM名に
半角のカナ文字を使用していたためか、
VMware Player
は自動起動するものの
VMファイルが見つからない」旨のエラー・メッセージが表示されてしまい
ゲストOSは起動しませんでした。

 

コメントを残す

Top
  • Search Knowledgebase
  • Ask A Question?

Add A Knowledge Base Question !

You will get a notification email when Knowledgebase answerd/updated!

+ = Verify Human or Spambot ?